본문

【牧羊一念】賢き農夫のように

  • 조회 480
  • 2016.11.14 23:54
  • 문서주소 - http://jpn.yonsei.or.kr/bbs/board.php?bo_table=The_world_now&wr_id=89

農夫るとしてまきには熱心取りくの穀物を収穫します。このように霊的は、肉身まといこのきるあいだに霊的なものをまき手入れし、魂の時にたくさん収穫します。


たちの肉身ただ生涯を生きる存在ぎませんが、の時のためにきるなら、それは農夫所得もたらす農地のようなものです。肉身の時という農地を耕さずに放置し雑草だけがっているとしたら、それは何のにもたないにすぎません。しかし、霊的をまいてよくてれば、の時に霊的に豊かな実を得られます。したがって、の時にきたか、かしく生きたかによって、永遠の時がまります。たちは、となり、たちの歳月まかれたいのちのかにてなければなりません。


無能たちの人生の利益となってくださいます全能なる完全にってきるこそです。なります。「かさはよりもく、さはよりもいからです」(Iコリント1:25)。


人間最高かさにも及ばないという意味です。.


きよ」、「を惜しめ」、このつのことばは意味っています。今は若くても老いはいつのにかってきます。った振り返りながら、「く、正しくきてきた」と、胸を張って言える人がこの世にいるでしょうか?


の時ににいるだろう自分姿を思い浮かべ、び楽しむとなるべきです。の時にしむことができなければ、何の意味もありません。今こそ、所有しなければなりません。その永遠いのちれているからです。



ユン・ソクジョン担任牧師

 

教会新聞4982016-10-01)より、抜粋しました。


추천 0

Print