본문

【牧羊一念】永遠なる幸せを埋めておいた人生

  • 조회 453
  • 2017.11.12 01:38
  • 문서주소 - http://jpn.yonsei.or.kr/bbs/board.php?bo_table=The_world_now&wr_id=98

たちの人生は尊く偉大なものですは、の御言葉たちをられて、のみこころをげるために、たちを労者と見なしてくださったからです。たとえ肉体として生きていくのは短いですが、私たちのたましいが神と共に永遠に生きるため偉大なものなのです。

 

もし今日まで生きてきた日々が神から離れて、神からえられた機会無駄にしつつ生きてきたなら、「裁き」をめておいたことなのです。に、神のみこころにしたがって機会を十分に生かして生きてきたなら、「永遠なる幸福」めておいたことになります。っている日々を、たましいのを準備するための最良人生として作ろうではありませんか。

 

肉体がある間に、下で歯ぎしりする呪いをめておいてはいけません。肉体ある間に霊と共にるまででありつつ、賞賛と冠偉大栄光を、絶えず作り、せをめておかなければなりません

 

雑草いのに農夫が心配ばかりで引きなければ雑草なくなりません。雑草直接引き抜かなければなりませんが与えてくださった歳月で、機会を十分に生かして、神に嫌らわれることはめて、自分生涯が願われるりに用いるべきなのです。はこの今の時代を通してやり遂げたいことがなにであるかを知り、自分にえられた歳月で、ずそれをやりげなければなりません

 

のみこころをたしていく々できていきますか、それとも要求のままで神から離れて生きていきますか。

 

イエスキリストが肉体られた歳月で、の働きをなさったように、たちも、たちにえられた肉体で、たされ、イエスとじ働きをしなければなりません。私たちは皆、神からいただいた肉貴重に用いて、たましいのかなをおさめるために、さらに努力すべきでしょう

 

 

 

/ユン・ソクジョン担任牧師

教会新聞549号(2017-10-28)より、抜粋しました。


추천 0

Print