牧羊一念

본문

[牧羊一念] いのちを持つ福音の働き人

  • 추천 0
  • view 724
  • 11.27.2014 10:23


がどんなに恐ろしくとも、それが剥製ならは異なります。だけのれるはいません。表面上は信仰深いクリスチャンであり、教会でいくら偉い職分者だとしても、そのこころにイエスがいなければ、彼は製クリスチャンに過ぎません。


このごろ教会の職分者の中にも製が多く、問題です。職分者はまず、自分の中にイエスキリストのいのちを持たなければなりません。イエスえずにはいられないはずです。それがまさに、生きているクリスチャンです。


初代教会ステパノ執事の、こころのにある熱いイエスのいのちが、ステパノ執事を後押しして、自分の民であるユダヤ人のところへ行って、イエスの十字架のことばをえさせました。


時のユダヤ人たちの目で見れば、イエスは、神聖冒瀆の罪を犯した罪人の中の罪人でした。イエスを、十字架によって刑されるのが然な罪人のかしらのように思っていたのです。そのような、イエスキリストの道にうステパノを、議に集まった人たちは町の外に追い出し、一に石で打ち殺しました。


ステパノ執事は石に打たれ殉しました。彼はこときれる瞬間まで、自分の民にイエスキリストをえました。誰も、ステパノが死んでも悲しませんでした。むしろ、死んで然だと扱われました


しかし、主は天の扉を開け、神の右に立ってステパノの魂を待たれました。ステパノに殉する力をえ、支えてくださいました。また、天の御座から立ち上がって、ステパノのを受け入れました(使754-60)。


神は、命をくして福音をえる者に聖によるい力といのちをえてくださいます。そして、福音のき人として用います。聖の力で躍動するいのちの福音を、絶えずえる者が本の職分者であり、福音のき人です

 



ユン・ソクジョン担任牧師


教会新3722014-02-08)より、きしました。



추천 0

SNS 보내기
세계는 지금 게시판 게시물 목록
No Image Title Date View
44
[牧羊一念] 魂の救いの目的 12/01/2014 752
43
[牧羊一念] いのちを持つ福音の働き人 11/27/2014 725
42
[牧羊一念] 信仰の良心を持っている者 11/11/2014 701
41
[牧羊一念] 神から与えられたチャンス 11/11/2014 759
40
[牧羊一念] 魂を生かす伝道 11/11/2014 680
39
[牧羊一念] 命がけで伝える福音 11/11/2014 844
38
[牧羊一念] 仕える内に豊かになる生命 11/11/2014 631
37
[牧羊一念] 花嫁の信仰と主の愛 11/11/2014 790
36
[牧羊一念] 堂々と伝えるイエス 10/20/2014 665
35
[牧羊一念] 福音の伝道のための心がまえ 10/13/2014 808

글로발연세