牧羊一念

본문

[牧羊一念] 魂の救いの目的

  • 추천 0
  • view 813
  • 12.01.2014 11:52


イエスは、人の病を癒し、悪霊を追い出し、死者を生きかえらせました。これは、すべて魂を生かすためです。


イエスは神の御子です。ところが、神の御子は、自分が造った被造物である人間、罪の代によって死ぬべきである人間を生かそうとして、あちこち引き回され、あらゆる侮辱を受けられました。を打たれ、蹴飛ばされ、鞭で打たれ、つばきを吐きかけられ、いばらの冠をかぶらせました。(マタイ27:26-30


いくら考えても、神の御子がこのような苦難を受けることはありえません。力ある方が、あらゆるその苦難と侮辱をどのように耐え忍ぶことができたのか。


神の御子であるイエスは、私たちを生かすため十字架にかかって死に至るまで、自分を一度も主張しませんでした。ただ、天の父なる神のみこころのままに死なれました。人類の史上、神のみことばに一度も逆らわず生きた方は、イエスキリストだけであられます


イエスは、父なる神のみこころを十字架で成し遂げ、「わたしはあなたがたのために死んだ。この事を信じなさい」とえてくださいました。これが福音です。いまや、イエスを信じ、イエスと同じこころを持っている者は、永遠のいのちを得ることになります。


しかし、みこころを共に持っていない者は救われません。イエスを信じず地獄に行く人を見ても道しないとしたら、主がどれだけこころを痛められるでしょうか?


ですから、道者は主を喜ばせます。神がひとり子をこの地に送られ、十字架にかけ、死なせた目的は、人類の魂の救いのためです。


私たちも、神の目的に同意し、この事えなければなりません。イエスが、自分のすべてを捨てて魂を救ってくださったので、私たちも命が終わるその日まで、魂の救いに力をくさなければなりません。それがまさに自分の魂を愛し、隣人の魂を愛し、神を愛する道です。




ユン・ソクジョン担任牧師


教会新3732014-02-15)より、きしました。 



추천 0

SNS 보내기
세계는 지금 게시판 게시물 목록
No Image Title Date View
44
[牧羊一念] 魂の救いの目的 12/01/2014 814
43
[牧羊一念] いのちを持つ福音の働き人 11/27/2014 785
42
[牧羊一念] 信仰の良心を持っている者 11/11/2014 797
41
[牧羊一念] 神から与えられたチャンス 11/11/2014 823
40
[牧羊一念] 魂を生かす伝道 11/11/2014 744
39
[牧羊一念] 命がけで伝える福音 11/11/2014 949
38
[牧羊一念] 仕える内に豊かになる生命 11/11/2014 710
37
[牧羊一念] 花嫁の信仰と主の愛 11/11/2014 840
36
[牧羊一念] 堂々と伝えるイエス 10/20/2014 757
35
[牧羊一念] 福音の伝道のための心がまえ 10/13/2014 913

글로발연세