牧羊一念

본문

【牧羊一念】世の価値、世間の物差しにだまされる人生

  • 추천 0
  • view 4531
  • 05.16.2018 13:51

【牧羊一念】世の値、世間の物差しにだまされる人

 

世の値基準は常に化していくものなので、私たちは常に世の基準にだまされつつ生きていると言えます。たとえば、値段が上がるだろうと思って住宅や土地を買ったのに、時間がつにつれ、その値が落ちてしまったとすれば、その分、世の基準にだまされたということになります。この世で生きながら、誰しもが一度は、このような経験をしたのではないかと思います。

 

流行も同です。しばらくの間、髪を染めてきれいに見せようと、黄色や赤色に染める人がいます。しかし、いくらきれいに見せようとしても、髪を染めた人の本質はわらないのです。その人に変わりありません。無駄なことです。ドラマにはまることも同です。ドラマに熱狂すれば、しばらくはしくて興奮します。連してドラマを見れば見るほど頭してしまいます。最終回まで見てしまい、感動の余韻もり、記憶の中でいろんなシンが巡り巡って、またドラマが見たくなります。しかし、そのような時間も考えてみると、すべて何の益もなくだまされたということになるのではないでしょうか。私のたましいには何の助けも役に立つこともないので、無駄にただ時間を費やしただけなのです。

 

は世の文化、物質、文明、流行などが自分を酷にだましているにもわらず、一度も「自分がだまされている」と疑いを持つこともせず、それに立ち向かうこともせず、むしろその中で浮かれて暴れているのです。この世で無駄に浪費した時間が私たちの肉体にしく感動的なことをえているとも言えます。しかし肉体が終わった後、神の裁きの座の前で、だまされた人生、投げ出された人生、刈り取るものがない人生、無益な人生だったという事を悟るなら、その時どうするのでしょうか。

 

その無駄に費やしてきたすべての時間を考え、自分のたましいのためには有益な日ではなかったと悟る時、自分のたましいはどうなるのでしょうか。正しく生きてきたと思った私たちの人生が、ルカの福音書16章に出てくる金持ちのように、自分のたましいを地獄に投げむ結果をもたらすなら、どれほど悔しくて念でならないことでしょう。

 

私たちを欺くものに弄ばれてはなりません。欺いている世の流れ、物質、友人にだまされてはなりません。欺く世、環境、自分にだまされないで、欺くことがまったくない方は天の父なる神さまだけという事を知り、信仰生活をしっかりしていかなければなりません。

 

  

 

/ユン・ソクジョン牧師

教会新聞562号の記事です

추천 0

SNS 보내기
세계는 지금 게시판 게시물 목록
No Image Title Date View
87
【牧羊一念】 絶えず祈りなさい 07/26/2020 1773
86
【牧羊一念】正しい信仰の人格者 10/25/2019 2314
85
【牧羊一念】霊的な利益を出す人生 10/25/2019 2241
84
【牧羊一念】世の価値、世間の物差しにだまされる人生 05/16/2018 4532
83
【牧羊一念】埋めてきた永遠の幸せな人生 11/12/2017 5047
82
【牧羊一念】神のみこころと摂理の同労者 11/09/2017 4037
81
【牧羊一念】霊的な成長の秘訣 11/09/2017 3339
80
【牧羊一念】魂の時のための良い習慣 11/09/2017 2708
79
【牧羊一念】歳月を無駄にする愚かな人 05/28/2017 3804
78
【牧羊一念】神の国が私の中に 05/22/2017 3934

글로발연세