牧羊一念

본문

[牧羊一念] 拒否することのできない命令

  • 추천 0
  • view 3103
  • 12.28.2014 00:58

主は、父なる神の命令が永遠のいのちであると言われました。(ヨハネ1249-50)。したがって、神が「行きなさい」と言われたら行き、「なさい」と言われたらる人が、永遠に生きる魂の時のために生きている人です。


職分は、神が「行きなさい」と言われたら行き、「なさい」と言われたらるという絶的に順する的な人にお与えになる務めです。


聖書の中の祝福された人たちは、一に神が言われる時すぐに従いました。神がアブラムに、「あなたは、あなたの生まれ故、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。」(創世記121)と語られたときも、すぐに従いました


今の時代ならおそらく神に問い返したでしょう。「神さま!これから神のみことばに聞きうなら、どれだけよく暮らせるようにしてくださいますか?そして、私が行く所はどこですか?基本的に、この二つはえていただけなければ、行くかどうか決められないのではないですか?」と。


しかし、アブラムは何も言わず、神の考えを命令として受け、神に自分自身を完全に委ね順したので、年を取って子孫を望めない中でも、将来に大きな民族をなす祝福と地のすべてのの人たちが彼のゆえに祝福を受ける、祝福の源となりました。


神のみことばには、取捨選する余地がありません。ただ「アメン」と言い、わなければなりません。「ささげものをささげなさい」と言われればささげ、「祈りなさい」と言われれば祈り、「忠誠しなさい」と言われれば忠誠し、「道しなさい」と言われれば道し、魂の時のために職分を果たすきに、自分の肉身を使わなければなりません。神は、必ず行なったとおり報いてくださるお方であられます。


ご自分が言われたとおりに順する職分者に、必ず責任を持つお方です。自分がどのような境遇や環境であっても、神のみことばに倒され、自分の考え、理論、知識を捨て、全能なる神のみことばに件なしに服する者こそ、神が責任を取られる職分者であり、魂の時を豊かにたす賢い人なのです。



ユンソクジョン担任牧師


教会新聞4102014-11-15)から抜き書きしました。


추천 0

SNS 보내기
세계는 지금 게시판 게시물 목록
No Image Title Date View
47
[牧羊一念] 拒否することのできない命令 12/28/2014 3104
46
[牧羊一念] 慕うときに、臨まれる聖霊 12/09/2014 3339
45
[牧羊一念] 十字架の前で厚かましい人 12/01/2014 3412
44
[牧羊一念] 魂の救いの目的 12/01/2014 3049
43
[牧羊一念] いのちを持つ福音の働き人 11/27/2014 2956
42
[牧羊一念] 信仰の良心を持っている者 11/11/2014 3981
41
[牧羊一念] 神から与えられたチャンス 11/11/2014 3060
40
[牧羊一念] 魂を生かす伝道 11/11/2014 2840
39
[牧羊一念] 命がけで伝える福音 11/11/2014 3224
38
[牧羊一念] 仕える内に豊かになる生命 11/11/2014 4520

글로발연세