牧羊一念

본문

【牧羊一念】霊的な情け(741号)

  • 추천 0
  • view 904
  • 04.08.2022 14:32

【牧羊一念】的な情け

 

以前、女子信徒が思いむことがあり、相談にたことがあります。

 

「お義母さんは私が教会に通うことをとても嫌がっています。親不孝をしたくないので、お義母さんが亡くなってから、教会に行ってはいけませんか。姑に親孝行するのだから神も喜ぶでしょう。」

 

表向きは姑にする情け深さがすごいように見えますが、これは肉から出た思いです。神が願われる情け深さは、お義母さんがいくら教会に行かせなくても、自分が先にイエスを信じて姑も救われ天に行けるようにすることです。

 

それで次のようにえました。

「これから姑が生きていく日は、生きてきた日より少ないでしょう。それなら、姑のに入るようによくしてあげてイエスを信じるようにしなければなりません。お小遣いも差しあげて、美味しいものも買ってあげて、旅行も連れて行ってあげて、どうであれ姑の心が立ち返り、イエスを信じて救われるようにすることが本の親孝行です。」

 

「お義母さんが嫌っているとして信仰生活から離れ、イエスを信じなければあなたもお義母さんも魂の時に滅ぼされるのではありませんか。使徒行1631節に「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と言っています。姑に的な情けをえてください。」

 

結局、その姑は嫁に道され教会てイエスを信じるようになりました。本の情とは何で、本の愛とは何でしょうか。最後までその魂が滅びないように責任を負うことです。

 

道は肉の思いではなく的な愛の表現です。肉の思いは制限すべきですが、魂を救うための愛には制限があってはなりません。制限のない情け、限りない神の愛でするのが道です。

 

「私たちは終わりの時に情けのない者ではなく、神の大いなる愛を制限なくえなければなりません。自分の生きている間、な情けにちている道者となり、多くの魂を生す者になるべきです

 

  

 

/ ユンソクジョン担任牧師

教会新聞<741>の記事です。

추천 0

SNS 보내기
세계는 지금 게시판 게시물 목록
No Image Title Date View
97
【牧羊一念】無条件の愛(745号) 05/30/2022 1076
96
【牧羊一念】互いに愛し合いなさい(747号) 05/22/2022 1002
95
【牧羊一念】魂を愛する(743号) 05/22/2022 774
94
【牧羊一念】イエスの精神に満たされた教会(744号) 05/11/2022 781
93
【牧羊一念】霊的な情け(741号) 04/08/2022 905
92
【牧羊一念】純潔を守るイエスの花嫁(692号) 04/09/2021 1587
91
【牧羊一念】終わりの時の苦難に打ち勝つ祈り(691号) 03/29/2021 1491
90
【牧羊一念】自分の魂を守る方法 07/26/2020 2012
89
【牧羊一念】神に用いられる人 07/26/2020 2033
88
【牧羊一念】実を結ぶ信仰 07/26/2020 1924

글로발연세