牧羊一念

본문

【牧羊一念】正しい信仰の人格者

  • 추천 0
  • view 235
  • 10.25.2019 14:36

今日(こんにち)、熱心さはあるが、信仰のない信徒が多いです。

信仰があるという言葉は神の御言葉通りに生きていくことを意味します。神の御言葉は言われた通りに実現されると信じる者が、神の御言葉に従うことができます。神の御言葉が「あ」といえば「あ」、「お」といえば「お」と言って従わなければなりません。聖書に安息日を聖なる日とせよ、と言われたのでしっかり守らなければなりません。ところが今日、主日を聖なる日とせず、自分の思いのままに生きながら教会だけ熱心に通っている人が多いです。このような人は放縦者であり、福音を肉体の機会とする者なのです。神の御言葉通り裁かれる日は必ずやってきます。その日は誰も避けることができません。


信仰生活は母胎信仰を誇ったり、何代も信じてきたことを誇ったり、または殉教者の家柄だと自慢したりするものではありません。殉教者を100人生んだ家系でも、彼らの信仰では一人の子孫も救われません。私たちは各自福音によって生まれ変わり神の前に進み出て義に飢え渇く者を、イエスの供給されるいのちによって満たさなければなりません。


十人のらい病人が主の御恵みにより癒されたが、九人は感謝しないままどこかへ立ち去って一人だけがイエスに感謝しに来ました(ルカ17:12〜19)。彼は、自分を癒してくださった主に感謝しないままで家に帰ることができませんでした。私たちもこのように恵んでくださった主の前に感謝しないで立ち去ることができない人にならなければなりません。この人がまさに正しい信仰の人格者なのです。


らい病人が癒されたとき、家に帰ってどれほど誇らしかったでしょうか。清くなった自分の姿を家族や隣人に見てもらいたくてたまらなかったでしょう。ところが、十人の中一人だけが病を癒してくださった主に感謝しに戻ったわけです。自分を直し恵んでくださった主に、まず見せて感謝したかったのです。


私たちはどんな働きよりも主の働きを優先する人にならなければなりません。


 


/ユン・ソクジョン牧師

教会新聞<640号>の記事です。

추천 0

SNS 보내기
세계는 지금 게시판 게시물 목록
No Image Title Date View
86
【牧羊一念】正しい信仰の人格者 10/25/2019 236
85
【牧羊一念】霊的な利益を残す人生 10/25/2019 184
84
【牧羊一念】世の価値、世間の物差しにだまされる人生 05/16/2018 1233
83
【牧羊一念】埋めておいた永遠の幸せな人生 11/12/2017 1631
82
【牧羊一念】神のみこころと摂理の同労者 11/09/2017 1174
81
【牧羊一念】霊的な成長の秘訣 11/09/2017 993
80
【牧羊一念】たましいの時のための良い習慣 11/09/2017 875
79
【牧羊一念】歳月を無駄にする愚かな人 05/28/2017 1215
78
【牧羊一念】神の国が私の中に 05/22/2017 1227
77
【牧羊一念】どこに捕らわれているか 11/15/2016 1883

글로발연세